2009年11月13日

楽天のクレジットカード明細

この記事でも紹介した、e-NAVI サービスことご利用代金請求明細書の送付停止サービス・・・
要はクレジット利用明細のメール送付サービスにより、利用明細が届きました。

例の、自動リボ払い機能なんてふざけたデフォルト仕様の為にリボ払いとなった支払いが気になったので早速チェック。

そしたら・・・

20091113 リボ手数料.jpg
らくてんはジドウリボバライをとなえた らくてんはひげしゅにんから34円すいとった!!

なんか手数料とられてるやん。


額面からして、利息(1.2%ほど)っぽい。
でも、利用した月に支払ってるから利息じゃないんだけどな〜・・・。

と思って、クレジットカードの規約を引っ張り出してチェック。
すると書いてあった、書いてあった。

語弊があると困るので、そのまま書き写します

以下、会員規約から抜粋 ----------------------------------------

3.リボルビング払の支払例

1月1日に205,000円の商品を購入した場合。
締切日末日、支払日翌月27日に口座振替、実質年率18.00%、支払元金が20万円超で1万円、20万円以下で5千円の場合

1月リボルビングの利用205,000円
締切日のご利用残高205,000円
2月支払元金10,000円
手数料205,000円×18.00%÷12=3,075円
弁済金13,075円
当月締切日の利用残高195,000円
3月支払元金5,000円
手数料195,000円×18.00%÷12=2,925円
弁済金7,925円
当月締切日の利用残高190,000円

※手数料の計算において、小数点以下の場合には切り捨てになります。

以上 ----------------------------------------

という訳で、どうやらリボ払いにした時点で手数料が問答無用に掛けられるようです。ワォ

さて、ここで紹介されている計算式に今回の金額をあてはめてみましょう。

2,780円 × 18.00% ÷ 12 = 41.7円

あれ?合わんぞ。

もしかすると日割りとかされてる?
規約にわざわざ「1月1日に〜購入」とか書いてあるのも気になるし。

え〜と、この利用日は 10/8 だから〜

2,780円 × 18.00% ÷ 12 ×( 31 − 8 + 1 )÷ 31 = 36.31円

惜しい!
ん〜、なんで〜・・・と規約をながめていると、さっき抜粋した少し上に以下の説明がありました。


以下、会員規約から抜粋 ----------------------------------------

3.リボルビング払の利用可能額及び、手数料率
利用可能額原則100万円を超えない範囲で当社が審査し決定したカードショッピング利用可能額
手数料率13.08%〜18.00%
返済期間原則として毎月末日締切、翌月27日払
遅延損害金年率14.6%の割合

以上 ----------------------------------------

ほ〜、利率って18%固定じゃないのね〜・・・とカードが送付されてきた封筒の書類を見てみると〜・・・。

「手数料率 実質年率 15.00%」

これを再度計算式に入れてみると・・・

2,780円 × 15.00% ÷ 12 = 34.75円

おー、合った合った。正解!


まとめ:

- リボ払いは、翌月に全額支払おうが一か月分の利子は付く。
(自分の知る限りでは、楽天KCカードの場合はという条件だが・・・)
- 自動リボ払いという機能を知らないと、発見が遅れる。
- 最近やたらと楽天から、「自動リボ払いにすると、○○○○ポイントプレゼント」という広告が来る。

やっぱ楽天、人を罠にハメる気マンマンなんじゃ・・・。


間口が広いと、そんだけ危険度が高いって事なんでしょう。
今回のダメージはよっちゃんいかに毛が生えた程度なので、勉強料としておきます。

しかし、遅延損害金以上の利率ってどうよ?


posted by ひげしゅにん at 23:25| Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

楽天クレジットカードの注意点

楽天クレジットカードを使い始めてから一ヶ月が経とうとしています。


使っていて気づいた、使用上の注意点を二点紹介しておきます。


1)利用明細書郵送の手数料は月80円
デフォルトでは毎月の明細書類を郵送してもらう設定になっています。
しかし、郵送してもらうと手数料として月に80円、クレジットカードの使用料に付けられるようです。

楽天クレジットカードには e-NAVI というwebサービスがあり、ここから明細書類の郵送を解除できます。

楽天という会社の性質を考えると、顧客とのインターフェースはあくまでインターネットが第一で、郵送の方がむしろ追加サービスという位置づけなのでしょう。

「追加サービスなので、手数料くださいね」

というスタンスなんだと考えると納得できるが、設定を解除し忘れると大変なことに。
年間で960円也。

設定方法
- e-NAVI にログイン
- [e-NAVI会員サービス]の[e-NAVI明細サービスの情報変更]をクリック
- 現状の設定が[e-NAVI明細サービスに登録されていません]になっているので、画面下の登録するをクリックする。

ちなみに、設定を変更したときに送られてくる通知メールには

「e-NAVI明細サービス(ご利用代金請求明細書の送付停止)の登録が完了しました」
「e-NAVI明細サービス(ご利用代金請求明細書の送付停止)の解除が完了しました」

と記載されるので、「停止」の「解除」とか頭がこんがらがる。

「八ッ場ダムの建設中止に反対」と同じ複雑さ。


2)自動リボ払い設定

楽天カードはカード決済が完了したと思われるタイミングで、「カード利用お知らせメール」という通知メールが来る。(1000円以上の買物のみ)
その通知メールを受け取ったので、前述した e-NAVI サービスで利用内容を確認したところ・・・

支払方法が何故か「リボ払い」になっていた。

このカードで買物をしたときには
    キャッシャーの兄ちゃん「お支払方法は?」
    ひげしゅにん「一回払いでお願いします」
と、言ったはずだった。

えー?と思い店のレシートを確認してもそこには
    「支払方法:一括」
との表記。


どうなってんの???と思って、e-NAVI の画面を見ていると

「自動リボの登録・解除」

というリンクが。もしや・・・と思い、その画面を開いてみると

「現在の設定状況:登録」

になっていた。

これだーーー!!!


これはなんか罠の匂いがプンプン。
クレジットカードのリボ払い機能自体が罠なのですが、楽天カードは「支払いをすべてリボ払いにする」とんでもない設定がデフォルトでオンになっているのです!!!

たとえ、レジで「一回払いでお願いします」といっても「リボ」!
たとえ、レシートに「一括」と書いてあっても「リボ」!

「自動リボ払い」なる設定がある事を知らないと、罠に陥ったと気づくのは

「月末に銀行から引き落とされる金額が異様に少ない」

ことに気づいたときくらいのタイミングではなかろうか。
このこと自体も、月々のクレジットカード利用金額と、銀行口座をちゃんとトラッキングをしていないと気づのは難しそうである。

しかも、前述の「e-NAVI明細サービス」に登録していると紙の利用明細も届かない。
メールベースの利用明細だと、いったい何割の人がちゃんと明細書に目を通すのか。
(紙ベースよりちゃんとチェックする人の割合が少ないでしょう)

まさに罠。

これがデフォルトでオンになっているとは・・・楽天クレジットカードこえー!!!


思わず

「楽天の審査が甘いのは、この罠にはめようとしているからか?」

と邪推していまいます。(違ったらゴメンなさい)


みなさん、審査の通りやすいクレジットカードには気をつけましょう!


設定方法
- e-NAVI にログイン
- [お支払い方法]の[自動リボの登録・解除]をクリック
- 現状の設定が[現在の設定状況:登録]になっているので、その下の「ご希望の「自動リボ」の設定:解除」になっている事を確認して、「確認画面へ」を押す。
-もう一度、「ご希望の「自動リボ」の設定:解除」になっている事を確認して「登録する」をクリックする。


posted by ひげしゅにん at 23:56| Comment(5) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。